2009年08月09日

映画「ハリー・ポッターと謎のプリンス」

長女にせがまれて観に行く。

まず、
ダーズリー家が一切出てこない。
ファッジ更迭と新魔法大臣のエピソードが無し。
ビルとフラーのいちゃいちゃも無かったねえ。

また、「例のあの人」の出生の秘密についても一切出てきませんでした(「例のあの人は純血ではなかった、等)。

6巻は、ラストに向けての最後の伏線の提示と、クライマックスに向けての秘密。そういった訳で、あまり明るい内容ではない・というか暗〜いストーリーではありますが、そういった謎の部分の説明不足は否めない。ってか原作読んでない人あの映画でストーリー理解できたかなあ...

やはり原作の世界観を映像にしたらどうなるんだろう...。という楽しみ方しかできないんだよね。

次回作は最終章「死の秘宝」。これは2回に分けて公開されるらしいよ。
posted by kurry at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63257757

この記事へのトラックバック