2011年09月18日

Logitec LHD-NAS80:ジャンクなNASで遊ぶ

仕事の関係で東京ビッグサイトへ。その帰りに秋葉原に寄り道。kiichiで遅い昼飯喰って「なんか面白いモノないかなあ‥」とぶらぶらしてたら‥

見つけました、Logitec LHD-NAS80。いわゆるNASと呼ばれるファイルサーバのアプライアンスです。ジャンク扱いで2000円。

店主曰く「電源は入るもののNASとして機能しない。バラしたらVGA端子があって、モニタ繋いだらBIOS起動を確認できた。これ以上は不明」との事。
VGA端子がありモニタ表示が出来るなら現状把握はかなり楽。そしてBIOS起動したということはメカ的には壊れていない可能性大。恐らくファームウェアが跳んだかしたかな。

1分ほど考えて
DSCN2712.JPG
購入、重かった!
タダの「brick」にならなきゃいいけど‥さて、先ずは情報収集。どうやらこのNAS、VIA Edenのmini-ITXボードをそのまま搭載しており、要するにフツーのパソコンと何ら変わらないハードウェア構成なのです。ということは、ハードディスクに*BSDかlinux辺りがインストールされてて、その上でsambaが動いてたのかと思われます(FreeBSDのようです)。

それではさっそく分解です。
DSCN2714.JPG
あはははは、パソコンじゃんこれ。
マザーボードは多分これ→VIA EPIA Mini-ITX Board
HDDが1発なのはがっかり。最近のNAS比べると大きめの筐体だから、もしかしてHDD2発でRAID1‥などと妄想してました。

裏のファン付近とAC付近のビスを抜いてパネルを外してから組み立てたら
DSCN2715.JPG
どうみてもパソコンです。本当にありがt(ry

バラしたついでにHDD外して、メインPCで中身を覗いてみた。すると‥
snapshot57.png
なんだこりゃ
思いっきりDOSですねこれは。購入店で色々いじったらしいがその際DOSをインストールしたのか?謎です。

さて、モニタとキーボード繋いで火を入れてみた。Delキーで無事
DSCN2717.JPG
BIOS設定とご対面。

これは楽しめそうです。先ずは容量の大きいHDDに交換してからdebian辺りをインストールして、sambaでファイルサーバにしよう。パラレルやUSBを生かしてプリンタサーバにも出来るし、そうだDLNAサーバに仕立ててみるのもいいなあ。PCIコネクタにLANボード挿して、ルータやファイヤウォールにするのも楽しそう。
posted by kurry at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63257875

この記事へのトラックバック