2012年08月24日

2012夏休み二日目:いよいよアルペンルート

朝7時半には宿を後にして、アルペンルートの長野側起点である扇沢に向かいます。
P1020031.JPG
到着。
予約していた自家用車回送サービスに車を預けてから、扇沢ー立山の通しチケットを購入。
P1020040.JPG
先ずは「関電トロリーバス」。AM8:30発の便に乗車。
P1020044.JPG
乗ってすぐに関電トンネルに入ります。
黒部ダム建設の資材運搬用に作られた関電トンネル。しかし冷水が吹き出す破砕帯にぶち当たり、ダム建設と並ぶ難工事でした。
トンネルはバス一台がようやく通れる幅しかありません。中間あたりにすれ違うため道幅が広がっている箇所があり、黒部からの便とすれ違いました。「破砕帯」は、案内で箇所が分かります。
P1020045.JPG
黒部ダムに到着。
P1020056.JPG
改札を出て案内に従い階段を登ってゆくと‥
P1020065.JPG
すげー、なんかでかすぎてスケール感がおかしくなりそう。
原子力発電がまだ商業運転してなかった頃、高度成長機の日本を支える電源として建設された黒部第四発電所。その水源として作られたのがこの「黒部ダム」です。
P1020080.JPG
ダムの上を向こう側目指して歩きます。端のトンネルに入ると、
P1020082.JPG
ケーブルカーの駅に到着。
P1020085.JPG
真っ暗なトンネルの中、ケーブルカーは黒部平を目指します。黒部平らからは、
IMG_0351.JPG
ロープウェイ。景色がすごいです。大観望向かい、そこから
P1020088.JPG
本日2本目のトロリーバスに乗車、室堂を目指します。
始めて知ったのですが、このトンネルも破砕帯にぶち当たって大変だったんですね。
室堂に着いたら
IMG_0359.JPG
氷見うどんの昼食。
IMG_0366.JPG
大観望まであんなに良い天気だったのに、ここでは雲がかかってどんより。

室堂バスターミナルからバスに乗って、
IMG_0369.JPG
美女平駅に向かいます。
IMG_0370.JPG
‥この間ほとんど記憶がありません。ほとんどの行程を寝てしまいました。あ〜あもったいない‥

長かったアルペンルートの最後は
IMG_0375.JPG
ケーブルカー。貨物用の無蓋車を連結しているのが珍しいですね。
IMG_0378.JPG
こうして変わった乗り物三昧の行程は終了。回送業者の事務所で車も無事受け取りました。
後で聞いた話ですが、午後はやはり雲がかかることが多いようです。なので朝早く出発するのが吉でしょう。
posted by kurry at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63257916

この記事へのトラックバック