2013年10月27日

VirtualBox上のWindows8(64bit)が8.1にアップグレードできない件

かねてより噂されてましたWindows8.1がリリースされましたね。Windows8ならWindowsストアから無料でアップグレードができます。
という訳で、ubuntu上のVirtualBoxにインストールしてあるWindows8を8.1にアップグレードしてみます。8を起動してWindowsストアにアクセス、「8.1へアップグレードをクリックすると‥
Screenshot_from_2013-10-27 14:10:23.png
「お使いのコンピューターのCPUでサポートされていないため、この更新をインストールする事ができません」
あれ?

Windowsストア経由を諦めて、ライセンス購入した際のメールのリンクからダウンロードサイトへ飛びアップグレードファイルをDL、実行すると、
Screenshot_from_2013-10-27 14:20:31.png
「CompareExchange128がサポートされていないため、インストールできません」だって。
どうも64bit版のWindows 8.1をインストールするには、CPUがCMPXCHG16bに対応している必要があり、VirtualBoxでこの機能を有効にするためには、設定が必要らしい。

ゼロからはじめる「Windows 8.1プレビュー」(マイナビニュース)

という訳で、実際にやってみました。VirtualBoxを終了してからターミナルを起動、そして以下のコマンドを実行。
$ vboxmanage setextradata [仮想マシンの名前] VBoxInternal/CPUM/CMPXCHG16B 1

この後VirtualBoxを立ち上げてWIndows8を起動、Windowsストア経由で無事8.1へアップグレードが完了しました。
posted by kurry at 14:37| Comment(0) | linux
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: