2008年04月17日

iPod mini コンパクトフラッシュに換装

iPod mini は、ストレージにマイクロドライブを搭載した、一番最初にクリックホイールを採用した iPod。
このマイクロドライブを、より容量の大きいコンパクトフラッシュへ換装することで、大容量化・ゼロスピンドル化が可能らしい。

都合よく touch に乗り換えた mini ユーザーから、強引にいただいてしまいました(謝謝)。ほとんど部屋から出てない箱入り娘とのことで、筐体は実に綺麗。こんな改造しないでフツーに使ってた方が...

ipodmini2.jpg続きを読む
posted by kurry at 23:25| Comment(2) | TrackBack(2) | iPod/iPhone

2008年02月19日

iPod 動画の為の FFmpeg オプション

WinFF の iPod (4:3) 変換の FFmpeg オプションを覗いてみると、以下のようになってました。

-r 29.97 -vcodec xvid -s 640x480 -aspect 4:3 -maxrate 1500k -b 1250k -qmin 3 -qmax 5 -bufsize 4096 -mbd 2 -flags +4mv+trell -aic 2 -cmp 2 -subcmp 2 -g 300 -acodec aac -ar 48000 -ab 80k -ac 2

ここで気になったのは -s 640x480 の行。video iPod のディスプレイは 320 x 240 。つまり、不要に大きい動画に変換されることになります。
iPod でしか動画を見ないなら、-s 320x240 に変更してファイルサイズを抑えることができます。
但し、iPod の動画を iTunes や外部出力で動画を視る場合は、変更しない方がよいでしょうね。
ちなみにとある動画を 640 x 480 と 320 x 240 でそれぞれ変換してサイズを比較すると

640 x 480 : 230.2MB
320 x 240 : 92.5MB

でした。
ついでに他のオプションも調べてみました。

-r : フレームレート (fps) の指定。 29.97
-vcodec : ビデオコーデックを設定。設定しない場合は入力ファイルと同じコーデックを使用する。 xvid
-aspect : 画像のアスペクト比 (縦横比) の設定。 4:3
-maxrate : 最大ビデオビットレートの設定 (kbit/秒)。 1500k
-b : 動画部分のビットレートをkbit/秒単位で設定(default = 200 kb/s)。 1250k

-qmin : 動画全体の量子化係数の最小値を設定する 3
-qmax : 動画全体の量子化係数の最大値を設定する 5
-bufsize : 4096
-mbd : マクロブロックのモードを決定 : Default = 0
0 = FF_MB_DECISION_SIMPLE:内部変数 mb_cmp を使用します(画質低)
1 = FF_MB_DECISION_BITS:必要に応じて最小ビットを選びます
2 = FF_MB_DECISION_RD:レートの歪曲収差から割り当てる(画質高)

-flags +4mv+trell
-aic 2
-cmp 2
-subcmp 2
-g 300

-acodec : オーディオコーデック aac
-ar : オーディオサンプリング周波数 48000
-ab : オーディオビットレート(kb/s) 80k
-ac : オーディオチャンネル数 2

動画変換は奥が深く、凝りだしたらきりがありません。
posted by kurry at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | iPod/iPhone

2008年02月18日

動画を iPod 用に変換する

linux で 5G iPod (video iPod) 向け動画に変換するには、FFmpeg を使います。しかし、コマンドラインツールなので使うのは大変。そこで、FFmpeg の GUI フロントエンド、WinFF を使ってみます。

先ずは FFmpeg パッケージをインストールします。ターミナルから、

$ sudo aptitude install ffmpeg

続いて WinFF のダウンロードサイトに行って、最新版 (0.33:これ書いてる時点) の deb パッケージをダウンロードしてインストール。

$ sudo dpkg -i winff-0.33-i386.deb

インストールすると、kmenu のマルチメディアに登録されますので、kmenu から起動します。
winff.png
使い方は、" Add " をクリックして変換元の動画を指定、" Convert to... " に iPod 用等変換するタイプを 指定してから " Convert " をクリック。

ところが、いくら経っても実行される気配がありません。そこでターミナルから WinFF を起動して、メッセージを確認すると、"/usr/bin/xterm not found"。
つまりこれは、バックエンドで FFmpeg を実行する xterm が無いということのようです。
対策として xterm をインストールするか、KDE 標準の konsole を指定すれば良。例えば Edit>Preferences で設定画面を開き、Linux タグをクリックして、"Terminal to run FFmpeg in" を "/usr/bin/konsole" に変更すればおk。
winff1.png
作成された動画を iPod に転送して再生したところ、ちゃんと再生されました。

WinFF は他に RPMパッケージと Windowsインストーラも用意されています。
posted by kurry at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | iPod/iPhone

2008年02月16日

5G iPod (video iPod) ハードディスク交換

とうとう起動しなくなった iPod。かちかち鳴ってるハードディスクを交換することにしました。
我が video iPod 30G に搭載されているハードディスクは、toshiba MK3008GAL という厚さ5mmの1.8インチハードディスク。接続は ZIF コネクタです。これはヤフオクで手に入れました。

先ずはフロントパネルとボディの継ぎ目から開けます。
ipod1.jpg

マイナスの精密ドライバーを差し込んで、こじって開けたのですが、思いっきり傷がついてしまいました。差し込むのはプラスチック製とかの方がいいです。
ipod2.jpg

ipod3.jpg

バッテリーのフレキケーブルを外してケースを完全に開きます。その後ハードディスクを外す。
ipod4.jpg

ipod5.jpg

ここで痛恨のミス。ハードディスクのコネクタの外し方がわからず、無理矢理引っこ抜いてしまった。実際は、黒い部分がレバーになっているので、これを起こせばすんなり外れます。
そのあとレバーをいじってたら、何と!レバーが壊れてしまいました。
フレキケーブルを押し込んだらなんとかコネクタに収まりました。これ大丈夫かな?

ハードディスクを取り外してプロテクタを剥がし、新しいハードディスクに貼付けます。フレキも外したハードディスクから抜いて、新しいハードディスクに取り付けます。あとはバラした逆の手順で組み立てます。

SynkケーブルでPCと繋いだら、充電が始まりました。"Please Wait. Very Low Battery." のメッセージと、くるくる回るサークルを表示していましたが、しばらくするとフリーズ。何回か繰り返しましたがやはり起動しませんでした。マウントもされません。
かなりガッカリ、iPod はその後しばらく放置されることになります。

今日、久しぶりに引っ張りだしてもう一度試してみることに。
Windows2000 立ち上げて、インストールしておいたiPod Updater 2006-06-28 for Windows
を起動しておいてから iPod を接続します。
"Please Wait. Very Low Battery." のメッセージと、くるくる回るサークルを表示するところは以前と変わらず。しかし今回は、林檎マークが表示されて、続いて "ケーブルを抜くな!" という意味のメッセージを表示したと同時に iPod Updater の復元ボタンがアクティブになりました!すかさずクリック!!
ipodsetup.png

しばらくしてから復元作業中を示すバーグラフが表示されて、無事復元されたようです。
続いて iTunes7 を起動してみると、ちゃんと iPod を認識してくれました。iTunes7 の方が新しいファームウェア (1.2.3) をもっているのでアップデートを促してきます。もちろんクリック。
iPod は無事再起動し、どうやら完全復活したようです。

何曲か転送、問題なく再生されたのを確認後、全 MP3 ファイルを転送。異常は見られません。とりあえず無事復活です。
posted by kurry at 19:55| Comment(3) | TrackBack(0) | iPod/iPhone

2007年07月03日

iPhone ですよ奥さま


iPhone、出たようですね。欲しいなぁ...

そうは言ってもどんなに欲しくても GSM 機ですので日本では使えない訳ですし、キャリア主導の日本の携帯市場で iPhone を積極的に導入したがるかどうか怪しいもんだけどねえ。
iTunes でのアクティベーション必須(だからパソコンが必要)、コンテンツも多分 iTunes からインストールでしょ。docomo とかが本気で取り扱いたがるとも思えないんだよなあ。

とはいえ 3G 対応になって softbank 辺りが取扱い開始...なんて妄想を描かずにはいられません。
iPod 壊れてどうしようかなあと思っているところなんだけど、この際我慢して iPhone 貯金しようかなあなどと思っているこの頃です。

iPhoneが日本で発売されない理由 -閉鎖的携帯電話市場「日本」とGSM
posted by kurry at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | iPod/iPhone