2010年11月16日

kubuntuのインストールでもハマる

無事WindowsXPのインストールが済み、続いてkubuntuのインストール。ここでもすんなりとは行きませんでした。

まず前回運用していたパーティションが認識できない。インストールしたWindowsのパーティションも認識できず、まるまる一個の不明なパーティションと表示されてしまう。これじゃ新たにパーティション切った途端Windows領域を破壊しかねない。
仕方がないのでWindowsを起動して、Windowsから古いパーティションを削除・開放して新たにkubuntuインストーラを起動。今度はWindows領域と未使用領域として表示されたので、改めてパーティションを切ってインストールを行いました。

こうして無事インストールが済んだのですが、今度はかな漢字入力がうまくいかない。ターミナルやエディタでは入力出来るけど、例えばfirefoxではかな入力ができない。言語バーも表示できない。

これじゃ使い物にならないので、とりあえずiBusを諦めてSCIMに戻ることに。scim scim-anthy skimパッケージをインストールして、メニュー>アプリケーション>設定>入力メソッド切替器で、scim-bridgeを選択すると、SCIM-Anthyでかな漢字入力ができました。
snapshot15.png

それからしばらくしてiBusに戻してみたら、なぜか普通に使えました。何で?
posted by kurry at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン

2010年11月15日

WindowsXPのAHCIインストールができない?

何とか動いたGIGABYTE P55M-UD2とintel Core i5 750の新PC。続いてWindowsとkubuntuのインストールに入ります。が、ここでも苦労が。

先ずはWindowsXPをインストール。AHCI対応チップセットなのだから、ハードディスクはAHCIモードで動かしたい。AHCI未対応のXPのために「F6 インストール用 32 ビット・インテルレジスタードマーク ラピッド・ストレージ・テクノロジー・ドライバー・ファイル」フロッピーディスクを用意しておきました。このフロッピーは、intelダウンロードセンター
の、チップセット>デスクトップ・チップセット>インテル5シリーズ・チップセット>とたどり、ダウンロード後zipファイルを解凍して中身をフロッピーディスクにコピーしたモノです。

WindowsXPインストールCDで起動、「Press F6 if you need...」メッセージのタイミングでF6キーを押下、サードパーティドライバインストールを促されたら用意したフロッピーディスク入ってるの確認して「S」キーを押下。マザーボード付属マニュアルにある通り「Intel(R) ICH8R/ICH9R/ICH10R/DO/PCH SATA RAID Controller」を選んでEnter。
DSCN2294.JPG
ところが、その後エラーでインストールがストップしてしまいました。あれ~続きを読む
posted by kurry at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン

2010年11月14日

パソコンアップグレードしたんだが...

現在のメインマシンは、Pentium4(Prescott2)なi915Pマシン。それまで使ってたSocket478のPentium4(Northwood)からCore2なマシンにアップグレードしよう・と思って、んじゃLGA775なマザーボード買ってくりゃいいな・と、よく調べもせずにリファービッシュの格安マザーボード買ってみたらチップセットがi915P。これCore2サポートしてないじゃん!結局泣く泣くLGA775なPentium4買ってきて動かしてました。

しかしやはりハイビジョン動画とか扱うには厳しく、今回一気にCore iで組むことにしましたよ。これでやっとNetBurstとはおさらばだ。
ところが、これがとんでもなく苦労するはめになりましたとさ。
DSCN2291.JPG続きを読む
posted by kurry at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン

2010年06月20日

seagate 7200.11をアンロック

DSCN1855.JPG
いつもの様にPCの電源を入れ、OSの起動を待ってると...あれ、起動しない。どうも /homeパーティションのマウントエラーのようで、その為起動失敗のメッセージ...あれ?
現在 250GBのHDDにWindowsとkubuntuの /boot / /usr /var、500GBのHDDに /homeを割り当てる構成としています。と、いう事は 500GBのHDDが異常?

とりあえず再起動、その際BIOSメッセージを追ってみると、確かに 500GBのHDDが認識されていません...これはまずい!
S-ATAケーブルを抜き差ししても、外してS-ATA - USBアダプタでつないでも全くアクセスできず。
...かなりまずい!!

何がまずいって、/homeには今までの僕の各種データ(画像、動画、ドキュメント、その他)が詰まっている訳ですし、そして僕はそれらに対してバックアップをとってなかった!
半ばパニック状態になりながらとりあえずとっておいた別の 250GBのディスクを接続して /homeにマウント。システムを起動してネットで情報収集。

するとどうも seagateのハードディスク 7200.11の一部機種にはファームウェアにバグがあり、あるタイミングでシステムをシャットダウンするとHDDにロックがかかり、以後マウントもアクセスもできなくなるらしいことが判りました。
そして僕の HDD、ST3500820AS FW/SD35 もビンゴ!でした...

しかし世にはすごい人がたくさんいまして、HDDのジャンパーブロックにTTL接続できる端子からアクセスし、コマンドを送信することでHDD基板を直接操作してロックを解除・復活させた事例がまとめられていました。すごい!!
藁にもすがる思いでチャレンジです。続きを読む
posted by kurry at 20:47| Comment(0) | TrackBack(1) | パソコン

2009年12月03日

VAIO C1MRX:CDドライブなしでWindowsXPインストール

ジャンクで手に入れた VAIO C1MRX。ハードディスクにOSは無し。

とりあえずWindowsXPをインストールします。え・linux で使うのに?

目的はこれ→My VAIO

ユーザー登録後、所有機種を登録するといろんなサポートが受けられます。パーツなんかも買えるようで、キーの取れかかった我がC1MRXの為にキーボードが手に入れられたらなあ。
但し機種を登録するには、所有機種から Internet Explorer 経由でアクセスしないと登録できません。ということはつまり Windows がどうしても必要ということ。

WindowsXP HOME インストールCD(DSP版)はあるけど、インストールCDを起動boot可能なCDドライブを持っていません。あるのはUSB接続のFDドライブ(boot可)のみ。さてどうする?

そこで多少強引な方法を取ることにします。まずハードディスクを取り出し、別PCを使ってインストールに必要なファイルをハードディスクにコピー。その後フロッピーからDOSを起動してインストーラを起動します。
参考サイト:Palm84 某所の日記
まず底面のネジを外してキーボードを剥がします。
DSCN1510.JPG
ハードディスクを取り外し、IDE-USBアダプタ使ってデスクトップ機と接続
DSCN1517.JPG
ハードディスクは領域も確保されてはいませんでした。前オーナーは何をやったんだろう?
30GBまるごと領域確保して、FAT32でフォーマット。DOSでインストーラを起動するので、DOSが認識できるFAT32ファイルシステムが必要です。
続いて WindowsXP HOME インストールCDから「i386」フォルダをまるごとコピーします。
ここまでできたらハードディスクの接続解除、再びVAIOに収めます。

続いてDOSのフロッピーディスクを準備。これはWindowsXPのフォーマットオプションで作れます。
VAIOにFDドライブを接続、DOSフロッピーを入れて起動。Cドライブのi386フォルダに移動して、winnt.exeを実行します。
延々とセットアップ作業が続き、風呂から上がっても終わらないのでこのまま放置。

翌朝、再起動を促す画面になってたので、FD抜いて再起動。しかし、何故か起動しない。何故?
もしや...と、秘蔵のWindows95起動フロッピーで起動。FDISKを実行してアクティブ領域に設定したら起動するようになりました。
DSCN1519.JPG
改めてインストール作業を続行。裏面のプロダクトキーを入力して無事完了しました。

さて、やっとこさサポート機種の登録です。何度か ActiveX のインストールがなされて、無事登録が完了しました。
snapshot.png
でも、単品キーボードは用意されてなかった。残念。

次は linux のインストールです。
posted by kurry at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン