2015年03月15日

iTunesのiPhoneバックアップ保存フォルダをDドライブに変更する

デュアルブートのWindows8.1でiTunes使ってバックアップをとっているうちに、Cドライブの空き容量が枯渇していることが発覚。
現在の環境では120GBのSDDの内80GBをwindowsのCドライブに割り当て(残りをkubuntuに使用)、HDDをDドライブとして使ってます。そしてユーザーのデータ置き場所であるドキュメントフォルダやダウンロードフォルダ等々をDドライブに置くようにして、容量の少ないCドライブを極力使わないようにしています。
名称未設定.png
それなのに、iPhoneのバックアップを取るとCドライブの空きがどんどんなくなる。一体どこにバックアップデータを保存しているのだろう…

どうやらC:\Users\(ユーザー名)\AppData\という隠しファイルに保存しているようです。具体的には

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup

に保存されます。
このフォルダは「フォルダのプロパティ」を見ても「場所」のタブはなく、場所を移動することはできなさそうです。そこで「ジャンクション」という仕組みを使って保存フォルダをDドライブに変更してみました。

1:
先ずC:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync内にあるBackupフォルダを削除もしくは切り取っておきます。
続いてDドライブに保存先フォルダを作っておきます。僕の場合Cドライブと同じ構造にしているので、全く同じようなフォルダ構造にしてみました。

D:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup

2:
続いてジャンクションを作成して、Cドライブ\MobileSyncフォルダの中に、新たに用意したDドライブの\Backupフォルダをマウントします。コマンドプロンプトを起動し(windowsキー+xキー押下で選択)、\MobileSyncフォルダに移動します。以下のコマンドをタイプ

C:\Users\(ユーザー名)>cd AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync

フォルダ名を入力する際は、Tabキーを押すと補完してくれます。続いてジャンクションの作成です。以下のコマンドを押下

C:\Users\(ユーザー名)cd AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync>mklink /J Backup D:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup

mklinkは、リンクを作成するコマンド、/Jはリンクの種類にジャンクションを指定するオプションスイッチですね。できたら「dir」コマンドで確認しておきましょう。
名称未設定5.png

エクスプローラーで見てみると
名称未設定1.png
ショートカットアイコンのBackupフォルダがあります。ここにDドライブ上に用意したBackupフォルダがマウントされています。これでiTunesでバックアップを行ったらDドライブ上のBackupフォルダに保存されるようになり、Cドライブの空き容量を確保することができるようになりました。

ところで「ジャンクション」って結局何?

これはUNIXやlinuxで言う「シンボリックリンク」と同じソフトリンクだそうです(但しNTFSにはジャンクションの他にシンボリックリンクもあリます)。ファイルパスのみのショートカットとは違い、リンク先のファイルやフォルダをマウントし、そこにフォルダが存在しているかのようにリンクされます。
シンボリックリンクと違い一般ユーザーで作れますが、ネットワーク共有フォルダへのリンクはできません。

Windows TIPS:シンボリック・リンクとジャンクションとハードリンクの違い(@IT)
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1306/07/news111.html

ソフトリンク(Wikipedia)

2014年09月07日

iPhone水没!!

かみさんが困った顔で言いました。「携帯、落としちゃった」
え、
「トイレに」
ええ〜っ

慌てて差し出されたかみさんのiPhone 4sを見ると、ディスプレイは表示してなくて何故かLEDフラッシュが点灯しっぱなしという状態。かみさんは落としたのに気づいて慌てて拾い上げてから、ディスプレイが消えているのを見て電源を投入してしまったらしい。
これ、水没した電子機器で絶対やっちゃいけないことの一つです。これでは内部をショートさせて壊す可能性が非常に高い。

とはいえこのiPhone、電源を落としたくても落とせません。スリープボタン長押しでもスリープボタン+ホームボタン同時押し(強制終了)してもディスプレイは暗転したままフラッシュは点いたまま。
そしてお約束の、最近データのバックアップを取ってないっ!!

本体はまずダメだろうけど、何とかデータのバックアップは取りたい。とりあえずネットで情報を集めて、
1:ティッシュで作ったコヨリを使って、イヤホンジャックやドックコネクタから内部の水分を可能な限り吸いとる 
2:ティッシュで本体を包んで、少しでも水分を吸わせる
3:吸湿剤と一緒にジップロックのような密封できる袋に詰めておく
P1040048.JPG
これで一晩放置して、とにかく内部を乾燥させることにしました。

翌日、祈る思いでパソコンと接続。最初全く反応がなかったのですが、しばらくするとディスプレイが表示!!
うわ・ラッキー!!
すかさずiTunesからデータのバックアップを実行します。データが壊れてなければいいのですが。
続いて近くのソフトバンクショップへ向かい、
P1040046.JPG
iPhone 5s購入。スペースグレイの16GBモデルです。
帰宅後すぐにパソコンからデータを復元しましたが、無事復元できました。いやあよかった。
因みに今回活躍してくれた大量の吸湿剤は、海苔のパッケージから取り出したもの。という訳で今夜の夕食は手巻き寿司となりました。

いずれにしても今回の成功例はかなりラッキーなケースだと思います。とにかくバックアップは定期的に。そしてトイレは慎重に。
posted by kurry at 22:50| Comment(0) | iPod/iPhone

2014年09月01日

思わぬ事故

次女の中学校のPTA奉仕活動で、お父さんグループは木の剪定を担当することになりました。僕も娘と別れて伸びた木の枝を剪定はさみで切り始めました。

高いところは手が届かず、脚立を使って切るわけですが、何本目かの木の枝を切ろうと脚立を立てて登り、さて始めるかと思ったその時

ぐらり

一番上に足をかけたその時脚立が倒れ、そのまま僕は地面にたたきつけられました。

下は砂利混じりの通路。腰の激痛で息をすることも辛い。これ、かなりまずい。

「…大丈夫?」全く起き上がれない僕に近くにいたお父さんが声をかけてくれましたが、全く大丈夫じゃなく呻くだけの僕。そのうち先生方も集まって来ちゃって、僕は全く動けそうにないので結局救急車を呼んでもらうことになってしまいました。
その頃には何とか話ができるくらいに痛みが引いてきたのと、何より大事になってしまった恥ずかしさもあって「サイレン鳴らさないで来てもらって下さい」(そう言えば鳴らさないできてくれるということを何かで聞いた)とお願いしました。

それなのにけたたましいサイレンを鳴らしてやって来る救急車。嗚呼恥ずかしい…

救急隊員の方はさすがプロ、てきぱきと担架に乗せて救急車に乗せてくれました。救急車内で怪我の状況を説明し、脚や下半身に痺れのないことや頭を打ってないことを確認し、病院に搬送されました。
病院でレントゲンとCTを撮って、診断の結果は「胸椎の圧迫骨折及び腰椎にヒビ」というものでした。パラグライダーでよくある怪我ですね。パラでは無縁だったのにまさか脚立でこんなことになろうとは。

入院を勧められましたがとりあえず自宅に帰ることにして翌日改めて病院へ。まあ立てるし歩けるし、それじゃサポーター巻いて経過を見ましょうか・ということになりました。この日は入院の話は出なかったので、絶対に入院しなくてはならないという程でもないのでしょう。

会社に連絡して今日は休ませてもらい、取り敢えず安政にしてることにします。
posted by kurry at 00:00| Comment(0) | 日記

2014年08月24日

廃墟系温泉旅館「喜楽旅館」に寄ってみた、が…

「帰りにうまかんべまんじゅう買ってきて」
北温泉からの帰り道、かみさんからのリクエストがあったので扇屋総本店を目指して那須街道を下っていきますが、途中で寄り道することにしました。そう、あの廃墟系温泉だのホラー系温泉だの(なんだそりゃ)で有名な老松温泉喜楽旅館でひとっ風呂浴びてこようという魂胆です。

郵便局を過ぎて川をわたって直ぐを左に入り、細い道をずんずん行くと
P1030948.JPG
駐車場のような砂利敷の広場に「那須の珍湯 老松温泉喜楽旅館」と割と立派な石板。そこに車を停めてタオル一本持って歩きます。

P1030955.JPG
途中に朽ちたジムニーが放置。物置き代わりにしているのかな?
どんどん奥へ向かうと

P1030949.JPG
見えてきました。廃墟のような温泉旅館で有名な喜楽旅館です。
道路を挟んで右側が管理棟であり経営者のご自宅、左側が温泉と宿泊棟ですね。左の崖に張り出している屋根の下が客室のあたりでしょうか。

P1030956.JPG
それぞれの入口付近。ご自宅の方は人の気配がありますが、温泉棟は人の気配なし。

ここはひとまず通りすぎて、建物の反対側を見てみましょう。
P1030951.JPG
キターーーッ
これはすごい。客をもてなす建物とは思えない廃墟っぷり。これで営業しているんだから驚きですよ。
P1030950.JPG
見とれてばかりいないで入ってみましょうかね。こちらは入湯のみもOKです。
P1030957.JPG
管理棟の方に声をかけると叔父さんが出てきて「今日は釜の調子が悪くてお湯ためてないんだよ。申し訳ないんだけど…」
あらら、残念。
今回は入ることは叶いませんでした。今度は是非宿泊客として来ようと思います。その時まで頑張って営業続けていてください。
posted by kurry at 16:00| Comment(0) | 日記

2014年08月23日

北温泉旅館に一泊:二日目

P1030850.JPG
増築により迷路のような佇まいの北温泉旅館。向かって左側の建物が明治の間の建物。右側が昭和の間の建物です。昭和の間の更に右側に亀の間のある建物が並んで、その先に河原の湯・という全体構造です。

さて二日目の朝5:30。余笹川の流れの音で目が覚めました。川の音、結構うるさいです。
せっかく目が覚めたので泳ぎ湯へ。まだ誰もいない中、すっぽんぽんで入ります。
P1030909.JPG
うう〜ん気持ちいい。
温泉とはいえどう見ても野外プール。それを丸裸で独り占めするという何とも贅沢な体験をさせていただきました。
でもこれ、昭和の間の2階からだと丸見えだよね。

朝食までまだ時間があったので、館内をウロウロしてみます。
P1030936.JPG

P1030937.JPG
天狗の湯から外に出ると、打たせ湯とぬる湯(家族風呂)に行けます(昨晩入りました)。
P1030923.JPG
打たせ湯です。
P1030918.JPG
二箇所からお湯が落ちてます。結構な勢いです。
P1030919.JPG
山の斜面から流れ落ちる温泉をパイプで受けて、天井の梁に引き込んで湯を落としてるというのがすごい。

こちらはぬる湯、或いは家族風呂。
P1030917.JPG
宿泊客専用風呂で、内側から鍵をかけることができます。
P1030916.JPG
体洗うのはこちらのほうが良かったかも。
P1030920.JPG
塗る湯の更に先には祠があり、ちゃんと祀られている様子です。
祠から振り返った、建物方向の景色。
P1030921.JPG
さて、お腹が空きました。朝ごはんに行きましょう。
P1030924.JPG
朝食も亀の間。
旅館の朝飯ってなんでこんなに美味いんだろう。やはりご飯は美味。夕食に引き続きご飯三杯分のおひつを空っぽにしてしまいました。

外はまさかの雨が降ってきたようです。
P1030932.JPG
食事が済んで、外を見るとやはり雨。チェックアウトギリギリまで天気の回復を待つことにします。
P1030939.JPG
九時くらいに雨は上がり、空は高原の青空が。
気持ちよく出発できますね。
P1030941.JPG
とても贅沢な時間を過ごすことができました。また訪れたいと思います。
posted by kurry at 16:11| Comment(0) | 日記