2015年03月29日

青春18きっぷで草津温泉へ:其の三

二日目の朝。
ひとっ風呂浴びてから朝食です。
P1040120.JPG
チェックアウトを済ませて、おみやげ屋を覗きながらバスターミナルへ向かいます。遠くの山は雪で真っしろでした。
P1040127.JPG
長野原草津口駅に到着すると、当駅初高崎行の普通電車が待ってました。行きと同じ115系1000番代。
P1040128.JPG
でも内装がちょっと違う。こちらのほうが新しい感じでした。
P1040129.JPG
シートはこんな感じ。
P1040130.JPG
大宮経由で帰ります。
posted by kurry at 22:55| Comment(0) | 日記

2015年03月28日

青春18きっぷで草津温泉へ:其の二

荷物を解いて、草津温泉の珠玉のお湯を楽しみに行きましょう。先ずは湯畑を源泉とする共同浴場
P1040092.JPG
「千代の湯」です。
4人もいれば手狭になる脱衣所と、これまた4人も入れば狭く感じる浴場です。2人先客がおり、澄んだお湯は半端なく熱い!45度位あるんじゃないでしょうか。
ぬるくすると怒られそうだし、必死で入浴。まっかっかになって上がりましたよ。
P1040096.JPG
続いて細い路地をてくてく歩いて向かったところは「地蔵の湯」。
中に入るといきなりお風呂、壁際にスノコと脱衣棚があるという、那須・北温泉の地蔵の湯みたいな脱衣所一体スタイルです。千代の湯と比較すると中は広く、若干白濁したお湯は湯温も丁度よい感じ。ゆったりリラックスして入れました。
驚くのはこんな素晴らしいお湯が無料で開放されているという事実。温泉という文化がまちぐるみで守られているのを感じます。我々観光客もマナーを守って愉しみましょう。
P1040094.JPG
建物の傍には地蔵が祀られていて、向かいには源泉が見られます。
P1040095.JPG
そろそろ帰ってご飯にしましょう。
P1040100.JPG
あまり期待してませんでしたが、外で食えばよかったな・というのが正直なところ。もうちょっと頑張って欲しかったですね。
P1040108.JPG
夜の湯畑。ライトアップが綺麗です。神社の方に歩いて行くと
P1040113.JPG
「白旗の湯」の源泉が覗けます。
P1040118.JPG
さすが旅館。帰ったらちゃんと布団が敷いてあります。寝る前に勿論「白旗の湯」掛け流しの宿のお風呂を頂きます。
いやあここのお風呂は最高です。丁度僕一人きりでゆったりつかることが出来てもう最高。
P1040119.JPG
風呂あがりにはビールでしょ。ではおやすみなさい。
posted by kurry at 21:00| Comment(0) | 日記

青春18きっぷで草津温泉へ:其の一

以前テレ東で観た旅番組で、JR使って草津温泉に行く企画がありました。ああそうか、草津温泉ってJR使っていけるんだ・と、今回初めて気がつきました。
思えば草津って、北陸行く時に通過しただけだったんですが、この番組見てから無性に草津温泉に行きたくなりました。

という訳で、まだ使える「青春18きっぷ」を使って草津一泊旅行に行きました。今回のルートは以下の通り。
宇都宮駅(宇都宮線)小山駅(両毛線)高崎駅(上越線 吾妻線)長野原草津口駅(JRバス関東)草津温泉バスターミナル
それでは宇都宮駅からスタートです。
P1040073.JPG
宇都宮発 熱海行きのE231。上野東京ラインが開通して、熱海行きなんて電車が走っています。
今回は両毛線経由で行くので、小山駅で降ります。
P1040076.JPG
両毛線の107系。日光線でも走ってたやつですね。期待していた115系ではありませんでした、残念。でもE231系のボックスシートより座り心地はましだぜ。
新前橋駅で上越線と接続しますが、このまま終点の高崎駅まで行っちゃいます。
P1040077.JPG
高崎駅発の吾妻線、万座鹿沢口駅行き。懐かしの115系1000番代です。
吾妻線は今回初めて。吾妻川沿いの渓谷に沿って電車は走ります。
P1040080.JPG
長野原草津口駅に到着。八ッ場ダム建設に伴う線路付け替えによる新駅舎です。
改札を出たら草津温泉行きのバスが停車していたのであわてて飛び乗ります。
P1040082.JPG
運賃は降りる時に現金で支払います。
バスはぐんぐん山を登ってゆきます。もうすぐ4月というのに途中から道路脇や山肌に残雪が見られます。一度だけカモシカを見ました。
P1040083.JPG
草津温泉バスターミナルに到着。
P1040084.JPG
ターミナルを出て、草津湯畑を目指して歩きます。
P1040126.JPG
歩くこと数分。まさに湯畑手前に本日のお宿「旅館 八雲」があります。
フロントでチェックインを済ませ、建物の奥に通されます。
P1040086.JPG
いい感じに落ち着いた和室です。
P1040087.JPG
ファンヒーターはまだまだ必要です。
P1040088.JPG
この宿、お湯は最高です。草津大原泉の一つ「白旗の湯」を引いており、湯畑横の共同浴場と同じ温泉が楽しめます。
洗い場は2つ。改装したのか綺麗な作りとなってます。

宿のお風呂は後で楽しむとして、湯畑付近のお湯を試してみたいと思います。
(続く)
posted by kurry at 20:46| Comment(0) | 日記

2015年03月15日

iTunesのiPhoneバックアップ保存フォルダをDドライブに変更する

デュアルブートのWindows8.1でiTunes使ってバックアップをとっているうちに、Cドライブの空き容量が枯渇していることが発覚。
現在の環境では120GBのSDDの内80GBをwindowsのCドライブに割り当て(残りをkubuntuに使用)、HDDをDドライブとして使ってます。そしてユーザーのデータ置き場所であるドキュメントフォルダやダウンロードフォルダ等々をDドライブに置くようにして、容量の少ないCドライブを極力使わないようにしています。
名称未設定.png
それなのに、iPhoneのバックアップを取るとCドライブの空きがどんどんなくなる。一体どこにバックアップデータを保存しているのだろう…

どうやらC:\Users\(ユーザー名)\AppData\という隠しファイルに保存しているようです。具体的には

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup

に保存されます。
このフォルダは「フォルダのプロパティ」を見ても「場所」のタブはなく、場所を移動することはできなさそうです。そこで「ジャンクション」という仕組みを使って保存フォルダをDドライブに変更してみました。

1:
先ずC:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync内にあるBackupフォルダを削除もしくは切り取っておきます。
続いてDドライブに保存先フォルダを作っておきます。僕の場合Cドライブと同じ構造にしているので、全く同じようなフォルダ構造にしてみました。

D:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup

2:
続いてジャンクションを作成して、Cドライブ\MobileSyncフォルダの中に、新たに用意したDドライブの\Backupフォルダをマウントします。コマンドプロンプトを起動し(windowsキー+xキー押下で選択)、\MobileSyncフォルダに移動します。以下のコマンドをタイプ

C:\Users\(ユーザー名)>cd AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync

フォルダ名を入力する際は、Tabキーを押すと補完してくれます。続いてジャンクションの作成です。以下のコマンドを押下

C:\Users\(ユーザー名)cd AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync>mklink /J Backup D:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup

mklinkは、リンクを作成するコマンド、/Jはリンクの種類にジャンクションを指定するオプションスイッチですね。できたら「dir」コマンドで確認しておきましょう。
名称未設定5.png

エクスプローラーで見てみると
名称未設定1.png
ショートカットアイコンのBackupフォルダがあります。ここにDドライブ上に用意したBackupフォルダがマウントされています。これでiTunesでバックアップを行ったらDドライブ上のBackupフォルダに保存されるようになり、Cドライブの空き容量を確保することができるようになりました。

ところで「ジャンクション」って結局何?

これはUNIXやlinuxで言う「シンボリックリンク」と同じソフトリンクだそうです(但しNTFSにはジャンクションの他にシンボリックリンクもあリます)。ファイルパスのみのショートカットとは違い、リンク先のファイルやフォルダをマウントし、そこにフォルダが存在しているかのようにリンクされます。
シンボリックリンクと違い一般ユーザーで作れますが、ネットワーク共有フォルダへのリンクはできません。

Windows TIPS:シンボリック・リンクとジャンクションとハードリンクの違い(@IT)
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1306/07/news111.html

ソフトリンク(Wikipedia)

2014年09月07日

iPhone水没!!

かみさんが困った顔で言いました。「携帯、落としちゃった」
え、
「トイレに」
ええ〜っ

慌てて差し出されたかみさんのiPhone 4sを見ると、ディスプレイは表示してなくて何故かLEDフラッシュが点灯しっぱなしという状態。かみさんは落としたのに気づいて慌てて拾い上げてから、ディスプレイが消えているのを見て電源を投入してしまったらしい。
これ、水没した電子機器で絶対やっちゃいけないことの一つです。これでは内部をショートさせて壊す可能性が非常に高い。

とはいえこのiPhone、電源を落としたくても落とせません。スリープボタン長押しでもスリープボタン+ホームボタン同時押し(強制終了)してもディスプレイは暗転したままフラッシュは点いたまま。
そしてお約束の、最近データのバックアップを取ってないっ!!

本体はまずダメだろうけど、何とかデータのバックアップは取りたい。とりあえずネットで情報を集めて、
1:ティッシュで作ったコヨリを使って、イヤホンジャックやドックコネクタから内部の水分を可能な限り吸いとる 
2:ティッシュで本体を包んで、少しでも水分を吸わせる
3:吸湿剤と一緒にジップロックのような密封できる袋に詰めておく
P1040048.JPG
これで一晩放置して、とにかく内部を乾燥させることにしました。

翌日、祈る思いでパソコンと接続。最初全く反応がなかったのですが、しばらくするとディスプレイが表示!!
うわ・ラッキー!!
すかさずiTunesからデータのバックアップを実行します。データが壊れてなければいいのですが。
続いて近くのソフトバンクショップへ向かい、
P1040046.JPG
iPhone 5s購入。スペースグレイの16GBモデルです。
帰宅後すぐにパソコンからデータを復元しましたが、無事復元できました。いやあよかった。
因みに今回活躍してくれた大量の吸湿剤は、海苔のパッケージから取り出したもの。という訳で今夜の夕食は手巻き寿司となりました。

いずれにしても今回の成功例はかなりラッキーなケースだと思います。とにかくバックアップは定期的に。そしてトイレは慎重に。
posted by kurry at 22:50| Comment(0) | iPod/iPhone